の世界

 
 認知・学習・記憶・思考・言語・自由意志・情動・理性・感性など、ヒトで最も発達した精神機能は脳の働きによるものです。脳は他の自然の対象に比べて、とてつもなく複雑であり、脳研究が進んだ今日でも、数多くの働きが未知の謎として残されています。「脳の世界」では、これまでに明かになった研究成果の一部を紹介するだけでなく、討論のページでは研究データからは完全に証明できていない仮説についても取り上げます。

(カウンター設置:2001年4月11日)

トピックス

 
>>> 視覚と聴覚が矛盾すると視覚情報を使う。
>>> 止まっていると見えず、動くと形が見える。
>>> 自分の脳の変化を体験する。 McCollough Effect
>>> 脳の中の電気活動を見る。Nerve cell spikes
.

更新情報

2016.5.7 私たちは脳の3%しか使っていないって本当?
2011.8.8 サルは考えるか?
2011.5.23 人工盲点、見えない情報を補う
2011.5.23 盲点を見る、説明、画像追加
2011.5.23 視覚野の破壊、説明、画像追加
2011.5.23 脳の中のこびと(ホムンクルス)、画像追加
2010.8.20 脳の変化の体験、マッカロー効果、更新
2009.9.24 遺伝子導入で2色型を3色型に変える
2009.8.20 青信号は緑色?
2009.7.10 網膜の赤、緑、青錐体の分布はでたらめ
2009.5.15 第一次視覚野の細胞応答も行動条件で変わる
2008.9.1 聴覚野も複数ある
2008.6.18 学習はレム睡眠で進む
2008.2.2 視野の一部で学習:初期視覚野も学習する。
2008.1.14 レム睡眠って何?
2007.12.20 大脳新皮質の拡大
2007.9.28 臨死体験は脳内現象か?
2007.9.02 カハールとゴルジ、シナプスのギャップ論争
2007.8.10 関連痛、心臓が悪いと左腕に痛みを感じる
2007.2.22 脳損傷からの回復、脳とリハビリテーション
2007.1.18 成人になってからも神経細胞は新生するか?
2006.12.1 化石人類の脳
2006.12.1 脳の進化
2006.10.2 視覚野の発達には臨界期がある
2006.10.2 色の恒常性って何?
2006.09.1 音楽は脳のどこで聴く
2006.08.1 記憶の分類
2006.08.1 作業記憶(ワーキング・メモリー)って何?
2006.07.5 体性感覚野にも体の表面の地図がある
2006.06.5 前頭葉から後頭葉へ注意信号が送られる
2006.05.27 脳波って何?
2006.05.04 ラスター表示って何?:細胞内記録と細胞外記録
2006.04.07 まぼろしの腕
2006.03.06 他者の運動を理解するミラー・ニューロン
2006.03.06 霊長類は視覚動物(画像追加)
2005.12.29 色盲はカラー・カモフラージュ条件で有利
2005.12.10 未来の受容野に反応する細胞
2005.11.01 存在しない線に反応する細胞
2005.09.17 2つの目、立体視の仕組み
2005.08.19 MRI画像:チンパンジー(画像追加)
2005.07.06 電気刺激で動きの方向の判断が変わる
2005.07.06 目標を選択する前頭連合野の細胞
2005.06.05 視覚野は見たい図形だけを見る
2005.04.02 サルにも利き手はあるか?
2005.03.08 「どこ」情報と「なに」情報
2005.02.07 静止画で動きを見る
2005.01.07 味細胞の寿命は短い
2004.12.05 霊長類は視覚動物(画像、ビデオ追加)
2004.12.04 脳の中のこびと(ホムンクルス)
2004.11.28 脳の外観(画像入れ替え)
2004.11.28 MRI画像:ヒト(画像追加)
2004.11.28 傾き検出細胞 (図追加)
2004.11.12 完璧な記憶の持ち主シィーの話



本データベースの無断転写を禁止します。
Copyright(c) Akichika Mikami

(このページに関する連絡先:三上章允)

電子メールアドレス:mikami at chubu-gu.ac.jp ( at を@に変えてください。)