神経細胞の種類によって活動パターンが違う


 大脳皮質には異なるサイズ、異なる突起(樹状突起、軸索)パターン、異なる伝達物質を持つ細胞があり、その活動パターンも神経回路の中での役割も異なっています。

図1 様々な神経細胞の形態(ここには大脳皮質以外の神経系にある細胞も描かれている)

 大脳皮質のいくつかのタイプの細胞の活動パターンについてYale UniversityのDavid A. McCormick のページで紹介されています。ここでは彼のページへのリンクを用意しました。


David A. McCormickのページへのリンク(トップ・ページ)
http://info.med.yale.edu/neurobio/mccormick/mccormick1.html

David A. McCormickの映像ページ
http://info.med.yale.edu/neurobio/mccormick/mccormicknew/Movie.html

<関連文献>

  • Katai S, Kato K, Unno S, Kang Y, Saruwatari M, Ishikawa N, Inoue M, Mikami A, Classification of extracellularly recorded neurons by their discharge patterns and their correlates with intracellularly identified neuronal types in the frontal cortex of behaving monkeys. Europian J Neuroscience 31, 1322-1338, 2010 new



  • 脳の世界のトップへ戻る

    (このページに関する連絡先:三上章允)