神経細胞の特徴



  脳の複雑な働きは、情報の伝達と処理を担う細胞=神経細胞(ニューロン)の働きによります。神経細胞は細胞の一種ですから他の細胞と同様、細胞膜に包まれ、核、ミトコンドリア、リソソームなどの細胞小器官を持っています。

 神経細胞はその他に情報処理装置としての特徴を備えています。形から見た特徴は、情報を受け取る突起(樹状突起)と情報を送り出す突起(軸索)を持つ点です。樹状突起はしばしば細胞体から複数出てさらに枝分かれしています。一方、軸索は細胞体から出るときは1本で、細胞から出た後で側枝(軸索側枝)を出します。軸索の末端付近ではさらに多くの枝分かれ(終末側枝)があります。神経細胞の軸索は、神経線維とも呼ばれます。

 神経細胞の情報処理装置としての機能を担っているのは、電気信号を発生しその信号を伝える仕組みです。この点については「神経は電気を使う」を参照してください。

図1 神経細胞の模式図:この図は有髄線維を持つ神経細胞を模式的に示している。軸索周囲に絶縁物質であるミエリンが一定の間隔で隙間(ランビエの絞輪)を形成しながら密に巻きついている。(参照:神経のスピード)

図2 様々な枝ぶりを持つ神経細胞

[関連事項]

神経活動のビデオ

神経は電気を使う

神経のスピード


脳の世界のトップへ戻る

(このページに関する連絡先:三上章允)