宮嶋研究室
 

ゼミ紹介

夏の学外授業、福井県おおい町にて

2012911~12日、一泊二日の日程で福井県大飯郡おおい町に出かけました。本学では1年次より少人数制のクラスを編制し、ゼミとしての活動を行っています。私は、毎年夏と春に学外授業としてフィールドワークを合宿形式で行っています。
zemi-2012-2-.JPG 若狭本郷駅で休憩
今回、おおい町を選択したのは、私のゼミの中に、「原発」をテーマとして小論文を書こうとしている学生がいたからです。

しかし、関西電力のPR館「エル・パークおおい」は、現在、臨時休館中で、車道を封鎖している警備員にお尋ねしたところ、「再開の目途は立っていない」とのことでした。一方、未来体感ミュージアム「エル・ガイアおおい」は開館しており、バーチャル・シアターにて原子力発電所の内部を巡ることができました。同館において、PR誌を入手することができましたので、学生のレポートが楽しみです。

その後、同町内のキャンプ場「八ヶ峰家族旅行村」にて宿泊し、バーベキューを楽しみました。

zemi-2012-2- (1).JPG 清流が気持ちいいキャンプ場

zemi-2012-2- (13).JPG 夕飯はバーべキュー
来週から後期の授業が始まります。「共に旅し、一晩中、語り明かす」という体験を通じて、ゼミのメンバーが、仲間とともに成長してくれればと思い、また、次の体験の場の提供を思案しています。
zemi-2012-2- (17).JPG キャンプ場にて