宮嶋研究室
 

ゼミ紹介

福祉の実践を見学

学部3年生のソーシャルワーク演習において、障害者支援施設はなみずき苑の見学を行ないました。同施設は、本学から車で5分程度のところにあり、実習先として、就職先として日頃からお世話になっている施設です。

zemi-3- (3).JPG 施設の遠景
障害者自立支援法の完全移行がなされたあと、旧身体障害者療護施設の今を知り、8月に行われるソーシャルワーク実習に向け、イメージを膨らませていくことを目的とした見学でした。

学生たちからは、
・ディサービスセンターが併設されているが、どのような地域まで送迎サービスを実施するのか
・利用者の高齢化がすすみ、医療が必要となって来ていることで留意していることは
・一泊旅行が行なわれているが、受け入れ先との調整はどのようになっているのか
・利用者に私たちが接する時に留意することは何か
・食事の時間に幅があることのメリットは何か
などの、質問がなされました。

zemi-3-.JPG 介護支援長より講義を受ける

同施設では常時、ボランティアを募集しており、今後の交流のきっかけが作れたのかなと思います。
zemi-3- (2).JPG 施設の理念を確認しつつ