宮嶋研究室
 

ゼミ紹介

子どもたちの野球チームと交流

 2015年11月21日(土)9:30~昼まで、岐阜市芥見にある岐阜市教育事務所の所管するグラウンドで、地域の子どもたち(発達障がいのある子どもを含む)と社会福祉士をめざす本学の2年生(宮嶋ゼミ)が野球を通した交流を行ないました。
 子どもたちも学生も初めての交流でしたので、打ち解けるための工夫として、社会福祉援助技術の授業の中で実践的に修得した出会いのためのアクティビティを、学生たちの仕切りで行ないました。
 その後、混成チームをつくり、交流試合を行ないました。
20151121 f (1).JPG 出会いのあいさつ
20151121 f (2).JPG 
20151121 f (3).JPG 20151121 f (4).JPG アクティビティ1: サイン集め
20151121 f (5).JPG 20151121 f (6).JPG
アクティビティ2: 風船列車
20151121 f (7).JPG 交流試合、開始!
20151121 f (8).JPG 試合の様子1
20151121 f (10).JPG 試合の様子2
20151121 f (9).JPG 保護者の方も参加
20151121 f (11).JPG 試合終了後の整列、勝利チームのみんな
20151121 f (12).JPG 出会いを記念して
 保護者の方々からは、「活気ある時間をもてて、とてもうれしかった」とか、「子どもたちがコミュニケーションの仕方を学ぶ良い機会になった」とか、「これからも続けてお願いします」などのお言葉を頂きました。
 今後は、3月に他のいくつかのチームを交えて、インクルーシブ少年野球大会を開催される予定です。この大会の実行委員として、数名の学生がエントリーしてくれました。
 学生にとっても日ごろ触れ合う機会の少ない、発達障がいのある子どもたちとのスポーツ交流は、障がいの理解にとどまらない、豊かな経験をもたらしたのではないかと考えています。