宮嶋研究室
 

ゼミ紹介

他校のボランティアラーニングセンターを視察

 2014年7月2日(水)の午後、岐阜経済大学が学生主体のセンターとして設置している、ボランティア・ラーニング・センターを学生とともに視察しました。
 学においても地域連携推進センター内にボランティアセンターが位置づけられ、教職員のみにより営されるセンターということだけでなく、学生も参加し、主体性を発揮できるセンターになるという方向性も重要だろうと感じました。
2014 Vr (4).JPG 例会の司会をするリーダー
2014 Vr (5).JPG 例会の様子
2014 Vr (6).JPG 視察を行った本学学生
2014 Vr (7).JPG 役割分担が明確に読み取れる黒板
2014 Vr (8).JPG 例会を見守る顧問の先生
 岐阜経済大学の同センターは、地域連携推進センター内に位置づけられています。
ボランティア・ラーニング・センターは、学生が主体となってボランティア情報を収集・発信し、センターの運営を担っていました。ボララというキャラクターも可愛らしく、1・2年生を中心に組織立てられていました。また、ボランティア・ファンドを数多く取得し、活発な活動を展開していました。
2014 Vr (1).JPG 例会を終え、くつろぐスタッフ
2014 Vr (3).JPG インタビュー中

2014 Vr (2).JPG 同じく
 私のゼミの学生は、「学生主体によるボランティアセンターの運営」について、卒業論文を書くと申しておりましたので、その出来栄えを早くみたいものです。また、2月に岐阜経済大学で行われる同大学主催の「ボランティア学習大会」で事例報告するという約束をしたようですので、それも楽しみにしています。