宮嶋研究室
 

ゼミ紹介

卒業生がブータンを語る!

 2013年12月16日(月)、科目「ボランティア活動論」で国際協力機構(JICA)のボランティアセミナーを招聘しました。
201312 jica.JPG JICAとは何か・・・蒲氏
 冒頭、JICAとは何か、いかにすれば青年海外協力隊になれるのか、をお話頂きました。
続いて、青年海外協力隊として幸せの国「ブータン」に赴任し帰国した、本学卒業生の山根さんが講演されました。
201312 jica (1).JPGのサムネール画像  民族衣装に身を包み、ゾンカ語で語る山根氏
 山根さんは、本学子ども学部の卒業生で小学校教員免許所持。ダンスサークルのリーダーでした。
ブータンでは小学校教員として体育の授業をこなしつつ、若者とともにダンスイベントを実施。
まさに大学時代に培ったノウハウ・社会力で活躍されたようです。
201312 jica (3).JPG   「飛び込め!」と熱く語る
山根さんからのメッセージは、きわめてシンプルで、熱く、参加した100名余りの学生に届いたと思います。一歩踏み出し、飛び込んだら、未知のワクワクワールドが広がる。そう理解しました。
201312 jica (4).JPG 講演後、学生たちと歓談
 本学出身者がこれまでに3名、青年海外協力隊で世界に飛び出しています。それに続く学生たちが今日、この中から現れるのではないかと期待しています。これからが楽しみです。
 ちなみに、青年海外協力隊の募集は春と秋、我われ世代でも参加できるシニアボランティアもあります。詳細はJICAのホームページで。