宮嶋研究室
 

ゼミ紹介

JICAとつながる

 2016年10月24日(月) JICAボランティアセミナー~国際協力というシゴト~ を開催しました。
 今回は、幼児教育の部門でカンボジアに派遣された田中真実子元青年海外協力隊員をお招きしました。
jica 20161024 (2).JPG JICAのシゴトを紹介する浅井さん

jica 20161024 (1).JPG カンボジアでの体験を報告する田中さん
田中さんのお話の中で、印象深かったのは、バケツ一杯のコオロギが貴重な蛋白源として1万円程度で取引されること、 雨季には保育園の校庭が潅水すること、 電気がない校舎は日の光で授業をすること、 子どもと保育士さんの距離が遠かったこと、 子どもの目線で語りかけることの大切さを伝えたこと、などなど。
田中さんは現在、大垣市内の保育園で勤務する傍ら、世界中を旅して、幼児教育のありようを見学しているそうです。

本日の資料は、私のところにあります。現在、青年海外協力隊員募集中です。
必要な場合は、どうぞ、お立ち寄りください。