宮嶋研究室
 

研究紹介

科研費による成果:異文化社会における子育て

 2014年度から3間で実施している科研費「基盤研究(C)」による研究成果の一部を公表しました。
201703 jhw.jpg

掲載された論文は→20170328 nz c.pdf

この論文の要旨は次のとおりです。
 
 本論は、ニュージーランドを選択して子育て移住した日本人ママたちにインタビューを行い、国境を越えた子育ての課題と特徴を、ママたちの発話からカテゴリー並びに因子として抽出し、子育て移住を選択したママたちへのグローバル・アプローチのあり方を探求した。
 その結果、子育て移住したママたちは、移住先におけるSocial policyが国民と移民との間で格差なく提供される中においても、文化的アイデンティティーを背景因子として、ママたちが「よそ者」感覚から解放されることはない。したがって、子育て移住を選択したママたちをHuman well-beingからエクスクルージョンしないために受け入れ国は、子育て移住を選択したママたちがなす、個人的な選択やそれを尊重したネットワークづくりについて、サポーティブであることが必要とされていることが示唆された。