宮嶋研究室
 

研究紹介

あらなた出会い! 新たな課題

 2017年2月7日(火)~12日(日)まで、科研費研究:26380790の追加調査に、ニュージーランドを訪問しました。
 誰もを排除しない社会作りを進めるニュージーランドで、日本人移民が如何に受け入れられているのか、今後、包摂から連帯、あるいは共生に移行していくのかが調査のテーマです。とくに今回の訪問では「障がい」をテーマとしました。
 日本人コミュニティの中での「障がい」
 プレイセンターやプレイグループの中での「障がい」
 スペシャル・ーズのある子どもたちの教育の場での「障がい」など。
201702 NZ (1).JPG プレイセンターには本物の工具
201702 NZ (1-2).JPG ママたちへ情報発信し続けるママへのインタビュー
201702 NZ (2).JPG 日本人プレイグループのリーダーと
201702 NZ (3).JPG スペシャルニーズのある子どもとコミュニケーションを進めるための、ワードボード
201702 NZ (4).JPG スペシャルニーズのある子どものセルフ・エスティームの向上に努める副校長
201702 NZ (5).JPG 日本人コミュニティを支える会長さんへのインタビュー
3年間の調査・研究は一旦終了となりますが、引き続きの研究を申請中です。
ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いします。