宮嶋研究室
 

研究紹介

CLSアプローチを報告

 日本社会福祉学会中部ブロック部会2016年度研究例会において、 「地方都市『消滅』を乗り越えるCLSアプローチ-G県Y市におけるフィールドワークに基づく実践理論の構築-」を口頭発表しました。
 このアプローチは、私たちのオリジナルな視点を示したもので、地域を生命-命あるもの-に見立て、生態学や生命科学の知見を用いて解釈し分析していこうとするアプローチです。
 口頭発表のレジュメ=20160423 CLSA miyajima.pdf
 と
 口頭発表のスライドショー=20160423 CLSA.pptx 
 今後、このアプローチが実際に使用できる理論であることを証明する、実証研究を行っていく予定です。