宮嶋研究室
 

研究紹介

ソーシャル・インクルージョンを体感する出会い

 2015年10月9日(金)~18日(日)までの10日間にわたり、ニュージーランド・オークランドを訪問しました。今回の訪問のテーマは、「ソーシャルインクルージョンを日本で実現させるための視座を得る」です。そのため、ニュージーランド・オークランドに在住する日本人である方々にインタビューを行いました。
 インタビューにより得た知見の詳細については、今後、関連の学会での口頭発表を経て、論文として、報告書として公表していく予定です。ここで簡潔にまとめておけば、次のとおりかと思っています。

 1、日本のソーシャルワークではまだ目新しい「スピリチュアル・ケア・アプローチ」は、ニュージーランドでは既に一般化していた。

 2、その背景には、「マルチカルチュアリズム」がある。

 3、ニュージーランドに住む永住権を得ている市民は、出身地・国籍に関係なく、同等の社会保障を受けられるので、子育て・教育・老後の安心を得ている。

 4、それにもかかわらず「日本人らしさ(スピリッツ)」を大事にした、コミュニティ形成が検討されている。

以下、2015年10月のオークランドを簡単に紹介していきます。

201510 NZ Auc (1).JPG オークランドの港。街のシンボル:スカイタワー
201510 NZ Auc (2).JPG 
201510 NZ Auc (3).JPG
イベント会場の一角で見かけた、子どもたちの遊具。巨大で丈夫、しかも軽い積み木状ブロック
201510 NZ Auc (4).JPG オークランド日本人会:橋本会長(ハッチ)
オークランド日本人会は26年を迎え、新たな役割として「会員の生活サポート」を模索中。
201510 NZ Auc (5).JPG オークランドは今が「春」
201510 NZ Auc (9).JPG こどもニュージーランド代表 佐井さん
妊婦さんからお母さんまで、日本人ママのための子育て情報を発信。子育て座談会も実施。
201510 NZ Auc (7).JPG 
201510 NZ Auc (8).JPG 
子育て座談会が開催されたコミュニティセンター。内部にはカフェやフリースペース、情報コーナー。
201510 NZ Auc (10).JPG オークランドで日本人移民のサポーターとして活躍される西村氏。 日本の「古い風習を逃れてオークランドに来ている日本人」に「日本人らしさを感じる」と。
201510 NZ Auc (11).JPG オークランド大学のROBYN DIXON教授と
教授は、FV(ファミリー・バイオレンス)の子どもへの影響と親教育プログラムの効果について研究されている。
201510 NZ Auc (14).JPG オークランドでソーシャルワーカーとして働く木原さん。民族性や出自に配慮したスピリチュアル・ケアがニュージーランドでは当たり前になっていると。
201510 NZ Auc (15).JPG オークランド大学GOODYEAR SMITH教授と。
教授は子どもの予防接種率の向上のためのプロジェクトに参加されている。
201510 NZ Auc (16).JPG オークランド大学校内のモニュメント
201510 NZ Auc (17).JPG 3歳未満児さんとママたちのおしゃべり会が毎週、開催されている「パーネルコーヒーグループ」。日本人ママのこうしたグループがオークランドでいくつも出来はじめている。
201510 NZ Auc (20).JPG 
201510 NZ Auc (21).JPG ハーフ・ムーン・ベイ近隣のプレイセンター。ママたちにより自主的に運営されている。
201510 NZ Auc (22).JPG 201510 NZ Auc (23).JPG スポーツジムやショッピングセンターに併設された託児所。
201510 NZ Auc (24).JPG 元大学教員の大川夫妻。永住権を取得され、シニアライフをエンジョイされているご様子。
201510 NZ Auc (25).JPG オークランドでシニア向けグループホームの建設をめざす安藤氏。「子どもの人生と私の人生は別」「仲間とともに楽しく」がモットー。
201510 NZ Auc (26).JPG 
201510 NZ Auc (27).JPG 「日本の心を伝える」を教育のモットーとして運営されているオークランド日本語補習学校。オークランド日本人会と日本経済懇談会が設置母体。
201510 NZ Auc (28).JPG 土曜日の午後、友だちと三輪車の二人乗りでめざすのは?
201510 NZ Auc (29).JPG 
201510 NZ Auc (30).JPG 地元のラグビー・クラブハウス。そのとなりでは、今日も試合が。クラブハウスにはチームのユニフォームが並ぶ。
201510 NZ Auc (36).JPG 201510 NZ Auc (39).JPG オークランド市街地で催されたインド系のスペシャルイベント。 近年、中国系とインド系の人々の移民が急増している。インクルージョンのプロセスとして「イベントを通しての理解」は重要かもしれない。マルチカルチュアリズムを標榜する国らしく、イベント補助もなされている。