宮嶋研究室
 

研究紹介

第10回日本社会福祉教育学会(鹿児島大会)

 2014年8月23~24日にかけて、鹿児島県霧島において第10回日本社会福祉教育学会が開催されました。私は同学会の理事として前日から現地に入り準備を行いました。
 本学会は2年前から「ソーシャルワーク教育の科目ごとのルーブリックづくり」を研究しており、私は児童福祉論を担当しています。学会初日には、各科目のコーディネーターである理事がシンポジウム形式で進捗状況を報告しました。
20140823 (4).JPG 報告する理事各位
 続いて分散会が開催され、具体的なルーブリック作りを2日間にわた実施しました。
20140823 (3).JPG 作業を進める参加者
 2日目の午前中は、自由研究発表の時間が設けられ、少人数ではありましたが、有意義な実践系の研究発表がなされました。私もニュージーランドのソーシャルワーカー登録制度と質の担保としてのスーパービジョンについてmiyajima20140712.pdf と miyajima20140712 2.pdf のような発表を行いました。
20140823 (2).JPG 口演の様子
最後に2日間にわたる議論の成果を分科会ごとに発表しました。なお、具体的には学会ニュースや研究しにて報告される予定です。
20140823 (1).JPG