宮嶋研究室
 

研究紹介

不妊治療支援事業と福祉

 2004年度から始まっている「不妊に悩む方への特定治療支援事業」が、2013年度中に厚生労働省が設置した検討会を経て、見直されました。見直された内容は、周知のとおり「利用回数」と「年齢制限」に話題が集中しています。
 そうした中で、私は福祉の観点から、この支援事業がすべての人々に行き渡るための方策や相談に応じる専門家の育成の視点について検討しました。
 2014 book com030.jpg
 研究成果は本学研究紀要(上記の写真)に掲載されましたので、紹介します。
なお、研究論文の全文は
20140603085013.pdf のとおりです。
 この研究は、平成23~25年度科学研究費助成事業(基盤研究(C))、課題番号23530773により行った研究の一部です。