宮嶋研究室
 

研究紹介

留学生政策と社会福祉教育

 私たちの大学も、中国からの留学生を迎え入れて、ソーシャルワーク教育を行っています。このことを契機に、2011年4月から2年間にわたり、学内でプロジェクトチームを組織し、留学生に対する効果的なソーシャルワーク教育を展開するための方策を研究してきました。
 その第1段はすでに2012年度中に、中国のソーシャルワークの現状と課題を調査し、報告いたしました。その関連で今回、わが国の留学生政策全般について文献レビューし、私たち社会福祉教育を行うものとして、いかなる配慮や思慮のもと、留学生を迎え入れ、教育していくべきかを問題提起として取りまとめました。
 2014-4 book005.jpg 論文が掲載された学会誌
 この学会誌に掲載された論文は、
201403 ej m.pdf のとおりです。
 日本社会福祉教育学会は、創設10年弱・250名程度を会員とする、社会福祉士養成を中心に、専門職の養成・教育を学会の中心的研究テーマとしている学会です。小さいながらも懸命に、わが国の未来のため、すべての人々の幸福のため、如何に専門職が学び、成長するのかを探求しています。是非、ご活用ください。