宮嶋研究室
 

研究紹介

こんな本書いています(11)

 学生時代に始まるボランティア活動も数えてみれば、30年を超えました。
 その中で、水俣病やひまわり号と出会い、海外ワークショップを知り、災害支援ボランティアに参加しました。そして、地域の社会福祉協議会でコーディネーターを務め、現在、大学で「ボランティア論」を担当するに至っています。
 ボランティア活動とは、他者との間でケアし合うことにより達成できる自己実現である。
 これが私の到達点であり、本書の主張です。
 その意味で、私のボランティア活動の集大成と位置づけて出版しました。
2014book010.jpg

目次:
第1章 いのち・くらし・人生
第2章 自己実現をサポートする
第3章 ソーシャル・ケア・ワークの展開
ISBN: 978-4-906827-00-8 (本体:2,800円)