宮嶋研究室
 

研究紹介

NZの「学校コミュニティ」づくりを紹介

 2013年4月20日(土)、中部学院大学各務原キャンパスにおいて、日本社会福祉学会中部部会2013年度研究例会が開催されました。
 私は、今年も自由研究報告を行いました。
 報告のテーマは、「『いじめ』加害者のソーシャル・インクルージョンに関する考察-ニュージーランドにおけるヒアリング調査を踏まえて-」としました。
 報告に活用したレジュメは 20130420 g.pdfのとおりです。
 学校が地域に開かれ、学校が社会化し、学校を含むコミュニティが醸成されることにより、人間関係的貧困が解消される可能性が開かれるのではないかと考えます。そのためにもソーシャルワーカー(学校においても、地域においても)が必要であるとつよく信じています。