宮嶋研究室
 

研究紹介

こんな本書いています(15)

 ソーシャルワークを「わたしたちの暮らし」と接点のあるものとして学んでいくためのテキストを出版しました。
 本書は、社会福祉士養成課程における科目「相談援助の基盤と専門職」に対応する内容を網羅していると共に、「生活問題の広がり」と「その問題への対応のための基本」を、様々な角度から解説しています。
暮らしとSW
 私は、第1章3節「ソーシャルワークの難しさとは」と第5章3節「どういう枠組みで支援を考えるか」を執筆しました。

 本書は全体として、予習・復習のための学習課題を各章で提示し、予習用にその章の「重要用語」を掲載しているところに特徴があります。

編著:高井由起子(関西学院大学) B5判 170

定価:本体2,270円+税 SBN978-4-905493-23-5

発行年月:20162月 注文はこちら