宮嶋研究室
 

研究紹介

こんな本書いています(14)

大学教員となってからずっと、たいへんお世話になっているヘルス・システム研究所(東京にある出版社です)より、電子ブック形式で私の著書を2冊出版して頂きました。

1、人間福祉概論 自己実現とケアリング・ワールドをめざして
  解説: 大学1年生あるいは大学2年生の一般教養科目として、「未来世代の well-being(幸せであり続けること)」のために、自己実現・自己理解・自己成長に向けてのソーシャル・ケア・ワークというアクションを、私たちが起こす必要性や責務について、多様なトピックスをとりあげることから考えていこうとする人間福祉についての入門アプリ。

2、生殖ケアソーシャルワーク論
 解説: 
ユニセフが提唱する「21世紀型市民像」の啓発や生涯 学習を目的として、生殖補助医療技術に関連する不妊相談の理論と実際、その技術で生まれてくる子供の支援する「生殖ケア」、そのような技術とともにある 「新しい家族」が社会的に認知され、関連法が整備されることをサポートしていく「生殖ケア・ソーシャルワーク」について平易に解説。

本書のダウンロード(購入)は、こちら UKARU学びアプリ UKARU学びアプリ2