宮嶋研究室
 

講師・研究依頼

4週間実習で何を評価するのか?

 中部学院大学では「2013年度実習先施設長及び実習指導者会議」を、7月23日(火)の午後、開催しました。
 社会福祉士養成分科会では、「4週間実習で何を評価するのか?」をテーマに、実習を受け入れていただいている施設・機関の指導者の皆さんと教員で議論を行いました。 
2013 jiji (13).JPG 挨拶する柴田学科長 
 議論に先駆け、本学から2つの報告を行いました。
 報告1「本学の社会福祉士実習の評価(2013年度版)」大藪准教授
2013 jiji (10).JPG 報告される大藪先生
報告2「全国的にみた今後の社会福祉士実習のあり方」宮嶋
2013 jiji (12).JPGのサムネール画像 分科会会場の様子
議論の結果、現場と大学との連携をますます深め、共同歩調をとり、実習指導の質を向上させるとともに、評価のあり方を引き続き議論しましょう、という方向性が示されました。
 なお、私の報告は、 2013 jiji.pptのようなスライドショーにより、行いました。