宮嶋研究室
 

研究室日記

趙先生、日本の福祉を視察

2012年12月08日

 人間福祉学会終了後、2012123日~4日、山東女子学院大学の趙先生には、日本に残っていただき、本学の学生との交流や日本の福祉現場の視察を行ってもらいました。 

まず3日(月)の1時限目。

本学に開設されている留学生別科(日本語修得を目的とする、大学入学前教育)を視察いただくとともに、学生たちと意見交換をしてもらいました。
tyo-2012-.JPG 
tyo-2012- (1).JPG

同日2時限目。私の担当する授業、科目「ボランティア活動論Ⅰ」において、事前に学生たちから集めておいた「中国への質問」を、私との対談形式で、趙先生に応えて頂きました。用意した質問以外にも、積極的な学生から質問が出され、有意義な時間を過ごすことができました。
tyo-2012- (2).JPG
tyo-2012- (3).JPG
tyo-2012- (4).JPG 
tyo-2012- (5).JPG

 同日昼休み。
tyo-2012-(6)-2.JPG
本学人間福祉学部に中国から留学して来ている学生たちと、学食にて昼食を囲んでもらいました。学生たちとの会食中に、授業後の予定が決まり、私たちはカラオケに繰り出しました。

午後は、福祉現場を視察しました。

tyo-2012- (7).JPG障害者支援施設「いちいの杜ハートフル」にて

tyo-2012- (8).JPG高齢者総合施設「ハートフル」にて 

そして、日本の文化にもふれて頂きました。

tyo-2012-(9).JPG関市の名跡「関善光寺」にて
今後、更に双方の交流研究を発展させていきたいと考えています。
tyo-2012- (6).JPG 本学正門前にて