宮嶋研究室
 

研究室日記

国際NGOに学ぼう!

2013年05月29日

 2013年5月27日、ボランティア活動論という授業に、40年の歴史を持つ国際NGO「シャプラニール」を招待しました。シャプラニール    shap--.ppt
 シャプラニールとは、特定非営利活動法人で、市民による海外協力を推進する団体です。バングラデシュをはじめインド・ネパールに活動拠点を持つ、現代社会のさまざまな問題、とりわけ南アジアの貧しい人々の生活上の問題解決に向けた活動を行っています。シャプラニールは、「すべての人々がもつ豊かな可能性が開花する社会の実現」を目指しています。
 
今回の授業では、ネパール・カトマンズ盆地域で展開されている「児童労働」を削減するための活動を具体的に紹介して頂きました。また、国際協力の運動のひとつである「フェアトレード」についても、その意義と役割を紹介してもらいました。
shap.JPG 講演中の勝井さん
shap (3).JPG 

shap (5).JPG shap (7).JPG

今年の目玉となる「ストップ!児童労働キャンペーン2013」(期間:61日~30日)についても熱く語られ、聴講した学生たちとともに「ひとはたあげよう」と取り組みました。

「ひとはたあげよう」キャンペーンに参加して、子どもたちが労働搾取から解放され、学びの権利を獲得できるよう働きかけていきませんか。

 

shap (6).JPG
 

PS.・・・

シャプラニールとは、私たちの活動の原点であるバングラデシュの言葉・ベンガル語で、「睡蓮の家」という意味です。シャプラ(睡蓮)は、バングラデシュの国花にもなっています。