男子バレーボール部イメージ
部員数
15名
活動場所
関キャンパス 他
活動時間
火曜 木曜 土曜 
目標
東海学生リーグ昇格、
岐阜県大学リーグ昇格
顧問
柿島新太郎 (経営学部講師)

2020年度 東海学生リーグ 2部秋季大会 第2試合

対 愛知教育大学

スターティングメンバー

OH 武藤(スポーツ4年) 山田(スポーツ3年)
OP 山村(スポーツ2年)
MB 牧野(スポーツ2年) 吉田(スポーツ1年)
S 山田(スポーツ1年)
L 山科(スポーツ3年) 鬼塚(スポーツ2年)

昨年度秋リーグ2位の愛知教育大学との一戦。

第1セット、互いにサイドアウトを取り合う展開が続く。2部屈指のエースを擁する愛知教育大学に対し、中部学院大学はミドルを中心に対抗。
中盤にかけて中部学院大学のミスが目立つ。スパイクが打ち切れない、相手のハーフショットをお見合いするなど精彩に欠き、相手に連続ブレイクを許す。山村(スポーツ2年)のバックアタックなどでサイドアウトを取るが、ブレイクにつながらない。一時10-14までリードが広がる。攻撃のリズムを再確認し、徐々に点差を縮める。牧野(スポーツ2年)のサービスエースで同点に追いつく。このままセット先取したかったが、再びリードを許しこのセットを失う。
第2セット、序盤は第1セット同様拮抗した展開が続く。中盤に中部学院大学のサーブが功を奏し攻撃にリズムをもたらす。ミドルを中心とした攻撃がとラリー中の粘りでブレイクに成功。相手の連続ミスにも助けられ、5連続ブレイクを奪う。中盤でのリードを守り、最後はセッター山田(スポーツ1年)のブロックポイントで危なげなくこのセットを取りセットカウントを1-1とする。
第3セット、武藤(スポーツ4年)のサービスエースや吉田(スポーツ1年)のブロックでブレイクを重ね、徐々にリードを広げる。勢いが傾きかけるが自分たちのイージーミスで失点し流れをものにできない。終盤に吉田の連続サーブからリードを広げる、鬼塚(スポーツ2年)の好レシーブから牧野、武藤らが丁寧にスパイクを打ち切り連続ブレイクに成功。終盤に突き放しこのセットを奪い2-1とする。
第4セット、出だしから相手に攻め込まれる。相手エースを中心として高さのある攻撃、効果的なサーブで0-4のビハインドとなる。牧野、吉田の両ミドルを中心に攻撃を立て直すが、相手の攻撃陣も思い切りの良いスパイク、粘りから簡単に得点を許さない。焦りからボールの処理が雑になってしまい、追い付くことができず、そのままセットを奪われフルセットへ突入となる。
第5セット、スタートから武藤が相手ブロックにつかまるものの、山田(スポーツ3年)のスパイクや牧野のサービスエースでリードを広げる。コートチェンジ後、武藤も復調し得点を重ねる。吉田が相手エースをブロックするなど、相手のオフェンスを効果的に封じる。終盤をものにし15-12で最終セットを奪いこのゲームに勝利した。

結果

中部学院大学-愛知大学名古屋

第1セット 22-25
第2セット 25-18
第3セット 25-18
第4セット 22-25
第5セット 15-12

セットカウント 3-2 中部学院大学の勝利