男子バレーボール部イメージ
部員数
15名
活動場所
関キャンパス 他
活動時間
火曜 木曜 土曜 
目標
東海学生リーグ昇格、
岐阜県大学リーグ昇格
顧問
柿島新太郎 (経営学部講師)

2020年度 東海学生リーグ 2部秋季大会 第1試合

対 愛知大学名古屋

スターティングメンバー

OH 武藤(スポーツ4年) 山田(スポーツ3年)
OP 山村(スポーツ2年)
MB 牧野(スポーツ2年) 吉田(スポーツ1年)
S 山田(スポーツ1年)
L 山科(スポーツ3年) 鬼塚(スポーツ2年)

コロナウイルスの影響から大会規模が縮小され開催となった東海学生リーグ。
第1試合は昨年度リーグでストレート負けを喫した愛知大学名古屋が相手となった。

第1セットから両チームお互いの持ち味を発揮する。中部学院大学はミドルを起点としたオフェンス、愛知大学名古屋はブロックと好プレーが見られるが、互いにミスもあり流れは拮抗する。中盤から山村(スポーツ2年)のバックアタックなどでブレイクを重ね少しずつ点差が開く。連続ブレイクとはならないものの、確実にリードを広げ危なげなくセットを奪う。
第2セットも流れは変わらず、終始中部学院大学がリードする展開でゲームが進む。序盤から牧野(スポーツ2年)のブロックが起点となりブレイクを重ねる。相手のミスもあり、優位にゲームを進め連続でセットを奪う。
第3セット、メンバーを入れ替えて臨む中部学院大学。OH伊藤(人間福祉3年)、S後藤(スポーツ3年)らを起用。勢いにのってこのセットも奪いたいところだが、流れは愛知大学名古屋となる。コンビネーションの乱れからスパイクミスを連発。序盤から劣勢となる。なんとかサイドアウトを切り食らいついていきたい展開だが、スパイクミスで相手に連続ブレイクを与えてしまう。サーブでも消極的なミスが目立ち、このセットを奪われる。
第4セット、メンバーを戻しスタートする。序盤は互いのエースの打ち合いの展開となる。抜け出したのは愛知大学名古屋、得意のブロックでブレイクを重ねる。中盤で奪われたリードを取り返すことができずこのセットを失い、フルセットへ突入する。
第5セット、山田(スポーツ3年)の堅実なディフェンスから武藤(スポーツ4年)へつなぐ形でリードを広げる。セッター山田(スポーツ1年)の好サーブから山村(スポーツ2年)らがフィニッシュし連続でのブレイクに成功。中盤に流れを掌握する。中盤でのリードを危なげなく守り、最終セットも中部学院大学が奪い、セットカウント3-2で勝利した。

結果

中部学院大学-愛知大学名古屋

第1セット 25-20
第2セット 25-20
第3セット 21-25
第4セット 20-25
第5セット 15-9

セットカウント 3-2 中部学院大学の勝利