男子バレーボール部イメージ
部員数
15名
活動場所
関キャンパス 他
活動時間
火曜 木曜 土曜 
目標
東海学生リーグ昇格、
岐阜県大学リーグ昇格
顧問
柿島新太郎 (経営学部講師)

2019年度 東海学生リーグ 秋季大会 第4戦

東海学生リーグ 秋季大会 第4戦

対 愛知産業大学

全勝同士の対戦なった第4戦。
相手は春季リーグで2部準優勝の愛知産業大学。

スタメン
OH 武藤(スポーツ3年)、山村(スポーツ1年)
MB 高橋(スポーツ3年)、牧野(スポーツ1年)
OP 岩田(スポーツ2年)
S 後藤(スポーツ2年)
L 山科(スポーツ2年) 鬼塚(スポーツ1年)

第1セット、エース武藤が序盤の立ち上がりを引っ張る。思い切りの良いアタックでゲームがスタートする。格上の相手に互角の様相だったが、徐々にサーブで攻められる。相手エースの強力なサーブで思うような攻撃を出せない。ディフェンスの要である岩田が崩されるが、ハイセットボールを武藤が打ち切るが単発の展開となる。サーブでゲームを優位に進めたい展開だが、思うようにサーブが走らない。中盤以降、徐々に点数を離されこのセットを落とす。
第2セット、OP岩田から伊藤(人間福祉2年)にメンバーチェンジして臨む。ディフェンスを強化を狙ったが、相手エースが尻上がりに調子を上げてくる。強烈なスパイク、サーブで連続得点を奪われる。苦しい流れを伊藤が巧打で断ち切るが、ブレイクが続かない。山村が要所で流れを断ち切るが、これもあとが続かず相手にサイドアウトを許してしまい、このセットも連取される。
第3セット、これまで同様、なかなか中部学院のリズムをつくれない。力強いアタックを繰り出すも、ブロックを含めたディフェンスが機能しない。サーブが弱気になることで結果として相手の強力なリターンが生まれている状況となり、勝機が見いだせない。このセットを落とし、セットカウント0-3で敗れた。
自分たちのウィークポイントを効果的に攻められ、出来ることにフォーカス出来なかったことが敗因だろう。やるべきこと、やれることに焦点を絞り出直しを図る。


結果

22-25
20-25
21-25

3勝1敗