2021 春季リーグ戦 4月3日 VS朝日大学1戦目

☆手に汗握る開幕戦戦☆

☆今大会初の延長タイブレーク戦を制す☆







1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
朝日大学  0  0  0  0  0  0  0  2  0  0  2  4

中部学院

 0  0  0  0  0  1  1  0  0  0  3x  5



 朝日大学:坂本・柘植・八木・荒井・黒木ー武隈・本村
 中部学院大学:秋田(東海大相模)④・志賀(秀岳館)③・伏見(高岡商業)④瀬田(和歌山東)③ー田島光(龍谷大学付属平安)③



           本日は春季リーグ戦第1週第1戦対朝日大学でした。



(攻撃)
春季リーグ戦の開幕戦前半戦は両チーム先発投手の投げ合いとなる。5回まで安打2本に抑えられ勝負は後半戦へ。試合が動いたのは6回、2死から三塚③が安打で出塁すると続く廣部の打球を三塁手が失策。ラッキーな形で先制点を奪う。続く7回にも田島光③のタイムリー安打で1点を加えて2対0。
しかし、8回に2点を奪われ試合は振り出しに。9回は両者ともに無得点に終わり、開幕戦からタイブレーク戦へ突入する。10回はともに無得点に終わり11回表。タイムリーを打たれ2点を勝ち越される。絶体絶命の11回裏。鈴村④が四球でつなぎ無死満塁。続く宮坂③が押し出しの死球で1点を返しなおも満塁。このチャンスに打席に合屋③。初球をライトへ運び同点タイムリーを放つ。流れは一気に中部に転がり最後は田島光③のサヨナラタイムリー安打で5-4。初戦を何とか勝ちで終えた。



DSC_1931.JPG

DSC_1964.JPG

DSC_1974.JPG

DSC_2015.JPG

DSC_2030.JPG

DSC_2079.JPG

DSC_2199.JPG

DSC_2236.JPG

DSC_2322.JPG

DSC_2437.JPG




打順・守備位置

名前

打数 安打 打点
1   中 藤本(秀岳館)④ 4 0  0
2   左 中川(崇徳)③ 2 0 0
     打  大江(八戸学院光星)②  1 0 0
     左 矢野(八戸学院光星)③ 2 0 0
3   右 三塚(県立岐阜商業)③ 4 1 0
4   指
廣部(秀岳館)④
3 0 0
     走・指 永井(愛工大名電)③ 0 0 0
     打・指 山中(近畿大学附属)③ 1 0 0
5   三 鈴村(中京大中京)④ 4 2 0
6   一 宮坂(上田西)② 2 0 1
7   二 合屋(博多)③ 4 1 1
8   遊 藤川(興國)④ 5 0 0
9   捕 田島光(龍谷大学付属平安)③ 5 2 2





(投手)
・秋田:開幕戦の先発を任され気合十分でマウンドに上がった。初回から攻めの投球で相手打線を封じる。気が付けば7回終了で1人の安打を許さない圧巻の投球。開幕戦の先発投手にふさわしい投球を見せる。しかし8回1本の安打をきっかけに2つの四死球を与え1点を失う。2死満塁のピンチでマウンドを降りる。

・志賀:ピンチの場面でマウンドに上がった。初球バッテリーエラーで同点に追いつかれるがその後は打たせて取るリズムの良い投球で好リリーフを見せる。11回1死2・3塁の場面でマウンドを降りる。

・伏見:ピンチの場面で登板し2球目の変化球をレフトへ運ばれ2点を取られる。悔しい投球となった。

・瀬田:2点を奪われ相手チームに流れが行きそうなところを2者連続三振で流れを渡さない。サヨナラ勝ちの流れを引き寄せる見事なピッチングを見せた。



DSC_1937.JPG

DSC_1951.JPG

DSC_1999.JPG

DSC_2299.JPG

DSC_2290.JPG

DSC_2195.JPG

DSC_2366.JPG

DSC_2372.JPG

DSC_2340.JPG







氏名

回数

打者

打数

投球数

安打

本塁打

犠飛打

四死球

三振

失点

自責点

防御率

秋田

7回2/3

31

25

121

1

0

0

6

4

1 2

2.35

志賀

2回2/3

9

9

27

1

0

0

0

1

1 0

0.00

伏見

0回

1

1

3

1

0

0

0

0

2 2

99.00

瀬田

0回2/3

2

2

9

0

0

0

0

2

0 0

0.00