2021 OP戦 3月17日 VS東海理化








1回2回3回4回5回6回7回8回9回計 
東海理化 0 0 1 0 1 0 0 1 1  4

中部学院大学

 0 0 0 0 0 2 0 0 0  2

 中部学院大学:秋田(東海大相模)④・伏見(高岡商業)④・鈴木(広島商業)④ー田島(龍谷大学付属平安)②
 東海理化:金田・内田・長田ー水野・池田



           本日は東海理化とOP戦をおこないました。



(攻撃)
相手の先発投手の緩急や強弱を使った投球で序盤は攻撃の糸口をつかめなかった。しかし、6回2死から藤本④が安打で出塁する。続く藤川④も安打でチャンスを作り三塚③が打席へ。追い込まれてからの変化球を拾い打球はライト線へ。ランナー2人が生還するタイムリー2塁打を放ち意地を見せる。しかし、その後は変わった投手からチャンスを作れず無得点に終わった。





DSC_0609.JPG

DSC_0613.JPG

DSC_0618.JPG

DSC_0627.JPG

DSC_0651.JPG

DSC_0715.JPG

DSC_0718.JPG

DSC_0670.JPG

DSC_0721.JPG











打順守備位置名前打数安打打点
1藤本(秀岳館)④    410
2藤川(興国)④420
3三塚(県岐阜商業)③411
4廣部(秀岳館)④300
5鈴村(中京大中京)④410
6宮坂(上田西)②410

北野(明秀学園日立)②000
矢野(八戸学院光星)③410
8山崎(長崎商業)③200

田中悠(京都外大西)②100
9田島(龍谷大学付属平安)③300











(投手)
・秋田:初回は2者連続三振を取り上々の立ち上がりだった。3回に2塁打と安打で1点を先制される。4回、5回もピンチを招くも何とか踏みとどまり5回を2失点で終える。

・伏見:こちらも初回は2者連続三振を取り勢いに乗ったかと思えたが、次の回に四死球と安打でピンチを招く。しかし、辛抱強く投げ抜き2回を無失点。

・鈴木:2死から死球を与え続く打者に2塁打を打たれ1点を失う。続くイニングも安打み味方のミスも絡み2回2失点。悔しい投球となる。


DSC_0591.JPG

DSC_0596.JPG

DSC_0598.JPG

DSC_0662.JPG

DSC_0685.JPG

DSC_0698.JPG

DSC_0700.JPG

DSC_0710.JPG


DSC_0726sa.JPG














氏名

回数  

打者

打数

投球数

安打

本塁打

犠飛打

四死球

三振

失点

自責点

防御率

秋田

5回 

  23

  18

   100

 5

    0

   1

    4

  4

  2    2

3.60

伏見

2回 

    9

    7

     40

 1

    0

   0

    1

  3

  0    0

0.00

鈴木

2回 

    9 

    8

     46

 3

    0

   0

    1

  1

  2    2

9.00