野球部員数

133名(2017年8月現在)

活動場所
活動時間

平日17:0021:00
休日8:30~未定
(毎週月曜日は休み)

目的&目標

「目的」
・野球を通しての人間形成
・様々なことに気付ける人間
「目標」
・神宮出場
・全国制覇

桐翔寮(とうしょうりょう)

桐翔寮
501-3936
岐阜県関市倉知3210-21
TEL
 0575(21)5646
FAX 
0575(21)5672

 
501-3993
岐阜県関市桐ヶ丘2-1
TEL
 0575(24)2213
FAX 
0575(24)0077

リンク

第44回明治神宮大会1回戦 対関西学院大学 

 

関西学院大学を下し

 

神宮初勝利!

 

 

東谷120球完封勝利!

 

 

 上西の3ランホームラン

 

 

を含む5得点で関西学院大学

 

を圧倒!

 

 

 

 

1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
中部学院大学  0  0  0  0  0  0  0  0  0  5  5
関西学院大学  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0  0

 

中部学院大学:東谷(花咲徳栄④)ー井上(関西中央③)

関西学院大学:宇都宮ー山崎

 

第44回明治神宮大会の初戦は関西五連盟第2代表の関西学院大学と対戦。

 

先発の東谷(花咲徳栄④)は、持ち味の打たせて取るピッチングで好投する。

 

CIMG1102.JPG

↑先発の東谷(花咲徳栄④)

 

打線は、得点圏にランナーを進めるもチャンスで一本が出ず均衡したゲームとなる。

 

打線が苦しむ中、東谷は、速球とキレのある変化球で相手打線を手玉にとるナイスピッチングで味方打線の援護を待つ。

 

しかし、迎えた7回裏2死から相手4番打者に二塁打を許すと、続く打者にライト前ヒットを許すが、ライト上西(県和歌山商④)のホームへの好送球でタッチアウトとし無失点で切り抜ける。

 

東谷は9回にも2死からヒットを許し、盗塁、パスボールで2死3塁のピンチを迎え、続く打者に8球粘られるが空振り三振に抑えピンチを凌ぐ。

 

同点で9回を終えたため10回から、大会規定によりタイブレークが採用される。

10回表、1死満塁から3番野間(村野工業③)を選択。

何としても先制点が欲しいチャンスでライトへタイムリーヒットを放ち1点先制。

 

CIMG1243.JPG

↑先制のタイムリーヒットを放った野間(村野工業③)

 

4番杉島(市岐阜商業④)もタイムリーヒットで続き2点目を追加。

CIMG1249.JPG

↑2点目のタイムリーヒットを放った杉島(市岐阜商業④)

 

その後2死1.2塁とし、5番上西がレフトへ3ランホームランを放ちこの回5得点を挙げる。

IMG_1739.JPG

↑レフトへホームランを放った上西(県和歌山商業④)

 

10回裏東谷は、1死満塁からスタートであったが先頭打者をセカンドライナーに打ち取ると2塁ランナーが飛び出し、ダブルプレーでゲームセット。

5-0で勝利を飾り、全国大会初勝利を飾るとともに本学に新たな1ページが刻まれた。

 

CIMG0874.JPG

CIMG0822.JPG

CIMG1214.JPG   

CIMG1234.JPG 

CIMG1163.JPG

CIMG1262.JPG CIMG1000.JPG CIMG1003.JPG 

CIMG1263.JPG

 

 

 

             打順・守備位置

名前

打数 安打 打点
1   左  松田(県岐阜商業)④ 4 1 0
2   遊  藤田(県岐阜商業)④ 3 1 0
3   中  野間(村野工業)③ 5 2 1
4   一  杉島(市岐阜商業)④ 5 2 1
5   右  上西(県和商業)④ 5 2 3
6   三  大杉(光星学院)① 4 0 0
7   二  武田(名古屋大谷)③ 3 0 0
8   捕  井上(関西中央)③ 3 0 0
9   投  東谷(花咲徳栄)② 4 0 0

 

氏名

回数

打者

打数

投球数

安打

本塁打

犠打

四死球

三振

失点

自責点

防御率

東谷優

9回

31

30

120

4

0

0

1

7

0

0

0.00