2015.05.21
「食育指導」

各務原キャンパス学生ホールにおいて、岐阜保健所による学生を対象とした食育指導がありました。

食育指導の対象となりにくい大学生に対し、生活習慣病の予防のため正しい食生活について普及啓発することが目的です。

カロリー表や食事バランスなどについて展示や、栄養士の方による指導がありました。


P1130817-1.jpgP1130818-1.jpg


オレンジジュースやポカリスェット、コーラに含まれる糖質の量をペットシュガーで表しているのを見て、「うそ!!こんなに!!」とびっくりした学生や「1日に5本ぐらい飲んでいるのに、砂糖に換算すると恐ろしい」と感じる人もいました。

また、「貧血なんですが」とか「お粥ダイエットをしていますが」など、栄養士さんに質問をして相談していました。

お母さんの手作り弁当の食材やバランスなどを褒められた学生や、サラダを食べておかず、ご飯と食事の仕方を継続するように啓発されたり、「朝食を取る必要性」に真剣に耳を傾けていました。


P1130813-1.jpgP1130826-1.jpg


青年期は将来、親となり子どもを産み育てる前の基礎を作る大切な時期です。

生涯「健康」で豊かな生活をするには、青年期からの正しい食が大切だと感じたことと思います。


 
[イベントレポート・在学生のみなさんへ]