2020.10.09
いろんなみんなの展覧会 種を、まく。

    岐阜市のぎふ清流文化プラザで開かれている

    「いろんなみんなの展覧会 種を、まく。」。

    岐阜県障がい者芸術文化支援センター(TASCぎふ)が主催する

    アートフェスティバル。

    障がい者のアーティスト作品をはじめ、

    企業とコラボレーションした作品が並んでいます(10月11日まで)。

   blog201009 (1).jpg



    本学からは、

    教育学部の水野友有先生、八桁健先生と有志の学生たちから成る

    「ボーダレスアート研究チーム」が

    障がいのあるアーティストJo(荻下丈)さんと取り組んできたことを

    紹介しています!

   blog201009 (3).jpg

    テーマは

    「"あたりまえ"から飛び出せる専門家をめざして

     ~障害者アートを通しての学び~」。

   blog201009 (4).jpg   


    2019年から活動を行ってきた同研究会。

    メンバーは

    発達心理学を専門とする水野先生と美術教育を専門とする八桁先生、

    将来保育者を目指している田中杏佳さんと廣海早紀さんの4人。


    大学生や大学人として、障がいのある人たちやアートと"まじわり"、

    それぞれの立場や視点から

    子どもの表現や自分自身の表現について考えてきました。


    今回のプロジェクトでは、

    Joさんの作品を地域の人たちに知ってもらおうと、

    「Jo's World」のプロデュース活動を行ってきました。


   blog201009 (5).jpg


    田中さんと廣海さんは、

    フィールドワーク研究として、現在も卒業研究として取り組んでいます。


    中部学院大学ならではの取り組みにこれからも注目してみてください♪

    詳しくは、近々発行予定のキャンパスマガジン「ポロ―ニア」にて♪

   blog201009 (2).jpg

   blog201009 (6).jpg

   blog201009 (7).jpg

 
[イベントレポート]