2016.12.06
プロムナードコンサート2016開催~子ども学科3年生が出演~ 

    「プロムナードコンサート2016」

    (共催:各務原市、後援:岐阜県、岐阜県教育委員会ほか)を

    12月4日、各務原市民会館で開催しました。

   161204プロムナードコンサート (2).JPG
 


    今回は「音のパレード」をテーマに、

    保育士や幼稚園教諭、小学校教諭を目指す学生約130人が

    ハンドベルやマリンバ、合唱、

    パフォーマンスなどを披露しました。


    このコンサートは、

    将来、保育現場や教育現場に立つ学生の表現力を養おうと

    「総合表現活動」の授業の一環として、

    毎年この時期に行っています。


    コンサートは5つのジャンルで構成され、

    子ども学部こども学科(現・教育学部子ども教育学科)で

    総合表現活動を受講している3年生20人は、

    マリンバの演奏や合唱ミュージカルを発表しました。

   _DSC7134.JPG

   161204プロムナードコンサート (3).JPG


    短期大学部幼児教育学科の2年生全員

    (ハンドベル48人、うたと動きによる表現57人)が

    ハンドベルを演奏したり、

    歌に合わせたパフォーマンスを披露したりしました。

   _DSC7064.JPG

   161204プロムナードコンサート (1).JPG

    そのほか、定期演奏会を控えている

    「吹奏楽部」も演奏を披露しました。

   _DSC7576.JPG

    子ども学部の眞野美佐子学科長は

    「学生たちは実習などがあり、

     限られた時間の中で練習を重ねてきましたが、

     ステージでは自分を最大限に表現していました。

     また、コンサート開催まで仲間と一つのものを築き上げる

     協調性を身に付けてきました。

     社会の場でも、

     今回培った表現力や協調性を生かしてほしい」

    と振り返りました。

 
[イベントレポート]