2015.07.06
ひまわりの丘第一学園の子どもたちとレク交流をしました!
    人間福祉学部 谷口真由美先生が担当している授業

    「社会福祉援助技術論Ⅲ」で、関キャンパスに隣接する

    障がいを持つ子どもたちの入所施設「岐阜県立 ひまわりの丘第一学園」の

    子どもたちとレクリエーション交流をしました。

    IMG_0186.JPG


    「社会福祉援助技術論Ⅲ」は、Ⅰ~Ⅱで学んだことの集大成としての

    実践力を養う授業です。学生たちは、自分たちでレクリーエーションを考え、

    準備します。子もたちが主役になれるよう、当日は臨機応変に対応し、

    全て学生たちだけで進め、交流を通して子どもたちの障がいや

    特性について理解を深めます。

    IMG_0196.JPG
                       ↑さんぽ体操

    
    IMG_0213.JPG    
            ↑ボーリング

    今回は、「ストレングスモデル」という実践アプローチ方法を採用し、

    子どもたちには、「喜びを表現して周りと共有する力」や

    「喜ぶ力(幸せを感じる力)」という強みがあることを発見しました。

    また、参加した学生からは、「一人ひとりの発達の段階が違うことがわかった」

    「ルールをうまく理解してもらえなかったが、私の価値観を押し付けている

    だけなのかもしれないと気付かされた」等といった感想があがりました。




    


 
[中部学院の活動・地域連携]