2015.09.08
会計プロフェッショナルコース10周年

    今年は各務原キャンパスができて10年目を迎えました。

    同時にシティカレッジ各務原で開講した

    「会計プロフェッショナルコース」も10年を迎え、

    これまでの受講生らが9月5日、一堂に会しました。

   blog150908 (2).JPG




    会計プロフェッショナルコースは

    2006年、シティカレッジ各務原ならびに

    中部学院大学短期大学部

    経営情報学科(現・中部学院大学経営学部)に

    設けられました。


    この10年の間に、

    多くの公認会計士、税理士を輩出してきました。

    中でも当時16歳で史上最年少で公認会計士試験に合格した

    長谷川智也さんをはじめ、

    10代で税理士、公認会計士の試験合格者を輩出。

    現在では、全国で税理士、公認会計士として活躍しています。

    また、全国大学対抗簿記大会では

    団体1級で4度の優勝、個人1級でも優勝者を多数生み出してきました。


    9月5日は、卒業生が企画して、

    「感謝の集い」を各務原市で開催しました。

    今回は全国から約80人が集まり、

    指導してきた森均教授の古希のお祝いもしました。

    また、今回を機に、

    会計プロフェッショナルコース同窓会を発足することになりました!


    同コースは現在、シティカレッジ各務原では

    小学生、中学生の児童や生徒も通っています。

    また、大学では、経営学部では「企業人会計コース」に所属。

    ダブルスクールで学んでいます。


    この日は、感謝の集いに先立ち、

    シティカレッジ特別講演会も行われ、

    森均特任教授が、

    「小中学生に簿記で将来の夢を~全国で初の試み 簿記でまちおこし~」

    と題して講演しました。

   
blog150908 (1).JPG

    森均特任教授は

    「『将来を作る教育』や『やる気』に年齢は関係ない。

     ロマンのある人間はいつまでもロマンを追求していく」と語り、

    「各務原から、将来を担う税理士や公認会計士を育てたい」

    と意気込みを語りました。

 
[イベントレポート・各種講座のお知らせ]