2014.08.27
ころたん試食

8月11日のブログ「ころたん収穫」で収穫したメロンを食べてみました!!

その後台風の影響でつるが傷んでしまったので、大きくなったものも、まだちょっと小さいものも、全部収穫しました。

こんなにたくさん!

P1130041.JPG

収穫した後、1週間ほど置いて熟成を待ち、いよいよ試食してみることにしました。
さてさて、お味の方は・・・?


P1130039.JPG

切ってみるとみずみずしくジューシーで、ほんのり甘い香り。 これは期待できます。

一口食べてみてびっくり。 あ~ま~い。 とてもプランターでしろうとがつくったものとは思えない出来でした~。

当日出勤していた事務室職員一同で美味しくいただきました。


おまけ話

ところが・・・調子にのってふた口、みくち・・・と食べすすんでいったところ・・・

誰かが突然叫びました
「にっが~い★!#◆」
「うげ~!! 舌がしびれる~」



なんと、実の一番下の「お尻」の部分から1/4くらいまでに、すごく苦いところがあったんです。

ネットで調べてみたところ、これはメロンが「バラ色カビ病」という病害にやられたためということがわかりました。
このカビにやられたメロンは、菌糸の繁殖を抑えるために「ククルビタシン」という苦み物質を急増させ、その部分に強い苦みが出るそうです。 ちなみにこの成分は、ゴーヤの苦み成分と同じものなんだって。

植物も、病害菌から自分の実を守るためにがんばってるんですねぇ・・・勉強になりました!!

参考: JAちばみどり 飯岡メロン部会

 
[キャンパス周辺情報・職員おすすめ情報]