2016.10.17
キャンパス内で車いす!?

    中部学院大学は

    人間福祉学部をはじめ、

    短期大学部社会福祉学科、専攻科など

    福祉分野を学ぶ学生が多くいます。

    が!

    看護リハビリテーション学部理学療法学科の学生の皆さんも

    授業で車いすを使っていました!



    blog161017.jpg





    理学療法学科では、「生活環境論」という授業があり、

    障がいのある人が生活する上で、

    環境面(公共交通機関、道路、建物、住居)などから考え、

    住環境の改善などを検討。

    日常生活に支障のある人の生活環境の改善と

    QOL(生活の質)の向上について理解を深めています。


    この日は学生たちが、

    キャンパス内を車いすを利用して、

    操作の仕方、利用者の苦労などを体験し、

    バリアフリーの実情も体感していた様子。


    坂道を上っていた学生は

    「歩いている時は何も感じていなかったけれど、

     車いすだとちょっとした坂道でもつらいことがわかった」

    と話していました。


    そのほか、目隠しをして目の不自由な方への理解を深めたり、

    足に重りを付けて高齢者のひざや足の負担などを感じたり、

    いろいろな光景をキャンパスで目にすることができます!

 
[キャンパス周辺情報]