2016.07.11
和紙の染色

    昼間のまぶしい太陽の光が去り、

    心地よい風が吹いてきた

    各務原キャンパスの事務室前に

    なにやら色とりどりの洗濯物???が

    現われました。

   P1140719.JPG 




    「保育内容演習(造形表現)」の授業で

    学生たちは、和紙に染色を行いました。

    まず、真っ白な和紙を折ります。

    (細かく折ればが染つきが小さくなり、

    大きく折れば大胆な色合いになります)

    そして、色をつけます。

    (そのまま和紙につけたり、筆を利用して色付けしたり)

   P1140712.JPG


    そして、乾燥させるため、いざ広げると、

    織物のような色合いが出ます。

    ロープに洗濯はさみで留めると、

    なんだか海外の路地裏を歩いているような

    そんな気分になりました♪


    各務原キャンパスに来ていた子どもたちも

    現れた布のカーテン??を

    不思議そうに眺めていました。

   P1140726.JPG

    学生たちは、この造形表現の授業で、

    幼児の造形表現の特徴や発達に関しての理解を深め、

    楽しさや学びを共感しています!

 
[キャンパス周辺情報]