2015.12.21
小学校教育実習報告会


   12月16日(水)は

   子ども学科3年の小学校教育実習報告会でした。

   10月に実習を終えた学生が、授業で工夫した点や

   担任の先生に授業指導案についてご指導いただい

   た点、実習を通して学んだ点などについて熱く語る

   姿が印象的でした。

   DSCN1619s.jpg  

   DSCN1622s.JPG

 


   DSCN1609s.jpg


    話を聞く学生もとても熱心にメモを取りながら参加していました。

 

    来年に実習を控えた2年生の学生からは、

    「現在、指導案に取り組んでいるけれど、

     児童の実態がよく分からないため、とてもむつかしい。

     実習を経験したら
児童の実態が分かり、

     指導案も立てやすいのではないか
と感じた」

    「実習初日の自己紹介の時、

     児童に関心を持
ってもらえるような工夫を

     することの必要性を感じた」

    「"実習生はできなくて当たり前"との意識で、

     失敗を恐れず、

     チャレンジしていくことが大切であると聞き安心した。」

    「今の自分たちと実習を経験した先輩方の違いから、

     実習を通しての大きな成長を実感した」

    などの声が聞かれました。

    

    来年に向けての良い刺激になったようでした。ファイト!

 

 
[在学生のみなさんへ]