2014.06.10
専攻科の学生が特別支援学校の生徒と交流

    短期大学部専攻科の学生が

    可茂特別支援学校を訪れ、

    障がいを持つ生徒と交流して、

    障がいの理解やコミュニケーションについて学びました。

  blog140609 (1).JPG



    今回訪れたのは

    美濃加茂市にある可茂特別支援学校。


    専攻科の学生29名は
    
    高等部1,2年の皆さんが行っている実習に参加したり、

    一緒にレクリエーションを楽しんだりして、

    コミュニケーションを深めました。

  blog140609 (2).JPG


    午前中は

    箱折り、封筒、エコバック、パッケージ、DVDの5班に分かれて、

    作業実習に参加しました。

    学生は、別支援学校で教育に携わる人々の姿から

    生徒への声のかけ方や接し方を学び取り、

    仕事に対する目標づくりの参考にしていました。

  blog140609 (3).JPG


    午後の交流レクリエーションでは

    「星とりあつめ」で、一緒に楽しみました。

    1人4枚、星型のカードを持っていて、

    じゃんけんに勝ったら負けた人から星がもらえます。

    クラスごとに合計を出して優勝クラスを決めました。

  blog140609 (4).JPG

    会場内は熱気に包まれて、

    白熱したじゃんけんで盛り上がりました。


 
[イベントレポート・在学生のみなさんへ・地域連携]