2014.09.02
学童保育室補助指導員として大活躍!

    セミの鳴き声もアブラゼミからツクツクホウシに移り変わり

    夏も終わり秋の気配を感じるこの頃です。



    今日は学生たちが学童保育室補助指導員として

    そんな小学校の子どもたちと一緒に過ごした

    夏の様子をお伝えします。


   
2014gakudo0.jpg

 


   事前指導を受け、各務原市内の小学校の各地区へ飛び出した

    子ども学科1・2年生の約10名学生たち。

    今年は特に大勢の学生が参加させてもらいました。


    「めっちゃ大変だけど 毎日楽しくって。明日もがんばります!」

    「指導者としての立場とお兄さん的な立場の難しさも感じながらも

    毎日子どもと全力で遊んでいます」など、嬉しそうに報告にやってきます。


    これはある日のひとこまです。

         2014gakudo00.jpg 

    指導教員から1時間枠の中での遊びを任され

    幼児指導法での授業で学んだダンボールでの遊びを計画したようです。

    「2年間のでの学童の中で一番楽しかった遊びでした。」と
         
         子どもたちから励みになるようなコメントとをもらったり

    「遊びを通して、学年が違うだけでもこんなに大きな差があるのかと

    改めて勉強になりました」と、学びもたくさんあったようです。

    2014gakudoa.jpg 2014fgakdo2.jpg

   
    
    

 
[サークル・部活・クラブ]