2014.08.28
世界ジュニア入賞の五藤選手が岐阜県を表敬

    先月アメリカで行われた「世界ジュニア陸上競技選手権」の

    女子10,000m競歩で6位入賞した

    人間福祉学部の五藤怜奈選手が岐阜県庁を訪れ、

    清流の国推進部の宗宮康浩部長に

    入賞の喜びを報告しました。

    _DSC4966.JPG




    五藤選手は世界ジュニアについて

    「初めての海外で最初は緊張すると思っていましたが、

     レースでは緊張することもなく楽しめました」と話し、

    「国内は一人で引っ張るレースが多いのですが、

     今回はついていくレース展開で、思ったよりタイムが伸びました」

    と振り返りました。


    宗宮部長からは

    「岐阜県には高地トレーニング施設もあるのでぜひ利用してほしい。
 
     東京オリンピックを目指して、岐阜県出身の選手として羽ばたいてほしい」

    とエールをいただきました。

    _DSC4964.JPG



 
[サークル・部活・クラブ]