2014.08.09
世界ジュニア陸上入賞の五藤選手 岐阜市長を表敬

    先月、アメリカのユージンで行われた

    世界ジュニア陸上競技選手権の女子競歩10,000mで

    日本人選手の中で最高の6位入賞を果たした

    人間福祉学部の五藤怜奈選手(岐阜市在住)が

    岐阜市の細江茂光市長に喜びの報告をしました!

   blog140811 (2).JPG




    岐阜市長を訪れたのは

    五藤選手と、陸上競技部の高柳監督、事務局の市原総務部長。

    市長とは競歩の種目の特徴や練習方法などについて

    意見を交わしました。


    五藤選手は

    「今回の経験を活かして、

     まずは全日本インカレで上位入賞を果たしたい」

    と抱負を述べました。

    細江市長は

    「6年後の東京オリンピックもまだ年齢的に大丈夫なので、

     岐阜市としても応援していきたい」

    とエールを送りました。


    岐阜市には、

    オリンピック選手育成に向けた

    「オリンピックターゲット事業」があり、

    五藤選手もこのたび、選ばれました。

   

   blog140811 (1).JPG

    写真は、細江茂光市長(左から3人目)に入賞の報告をした

    五藤怜奈選手(同2人目)

 
[サークル・部活・クラブ]