2016.06.07
学生トレーナーサークル「C.A.S.T.」

    こんにちは。入試広報課のSです☆

    4限が終了した夕方、関キャンパスの広場で

    何やら測定をしている学生さん達が・・・!!これは気になるッ!

    ・・・ということで突撃取材させてもらいました。

DSC_9868.JPG



    測定を行っていたのは、学生トレーナーサークルC.A.S.T.(キャスト)の皆さん。

    メディシンボール投げのほか、グループに分かれて測定をしていました。

    <20mスプリント>

    スタートとゴールに設定してあるのは、超音波を出す機械。

    これを使用することで、厳密なスタートとゴールを測定することが可能です。

DSC_9877.JPG

    <垂直跳び>

    「ヤードスティック」という器具を使用しています。

    跳ぶ前に手をあげて触ったところを確認し、目標めがけてジャンプ!

    実際に触ったところで、どれくらい跳べたか測定します。

DSC_9896.JPG

    <MYO(マイオ)テスト リバウンドジャンプ>

    身体の「バネ」の力を測っています。測定器は身体の正面についています。

DSC_9872.JPG
    <Tテスト>

    Tの形に設置してあるマーカーをタッチして、瞬発力を測ります。

DSC_9850.JPG

    これらの測定は半年ごとに行っており、

    ①測定機器の正しい使用法を覚えること

    ②ケガをしているときの測定値、ケガをしていないときの測定値など

     身体の状態によって測定値がどう変わるか、

    また、どう元に近づけていくかを考えること

    を目的として行っているそうです。

    C.A.S.T.ではこの他にも、

    勉強会や指定強化部での学生トレーナー活動も行っています。

    こうやって実践力を磨かれているのですね。

    C.A.S.T.の皆さん、ご協力ありがとうございました!

    是非また取材させてください!


 
[サークル・部活・クラブ]