2014.10.23
野間峻祥選手が広島東洋カープから1位指名!

    2014年プロ野球ドラフト会議で、

    硬式野球部の野間峻祥選手

    (経営学部4年、兵庫・村野工業高校出身)が、

    広島東洋カープから1位指名を受けました。

   _DSC8922.JPG


    一問一答は次の通りです(右は原克隆硬式野球部監督)。

   _DSC8812.JPG

    -1位指名を受けた瞬間の気持ちは。

     1巡目でびっくりしたのと同時にほっとしました。

   
_DSC8635.JPG


    -ドラフト会議当日はどのような気持ちで迎えましたか。

     緊張はしていましたが、いつもと変わらず過ごしていました。


    -広島の印象は。

     最近Aクラスに入り、強くなっているチームという印象です。

     大学でも「赤ヘル」で、ユニホームも似ているので、

     とても親近感あります。

     また、岐阜リーグ出身の菊池涼介選手も在籍しているので、

     いろいろと教えていただきながら、切磋琢磨していきたい。

   _DSC6620.JPG


    -セールスポイントは。
     
     足と肩には自信があります。

     走塁をアピールしながら、バッティングに磨きを掛けていきたい。


    -広島には足が速くてバッティングが優れている
   
     ライバルがたくさんいますが。
     
     1年目から1軍に行けたらいいですが、甘い世界ではないので、
 
     必死にがむしゃらに向かっていき、

     レギュラー争いに入っていけるように頑張っていきたい。

  
    -プロでの目標は。

     目標は高く、3割30本30盗塁のトリプルスリーを目指したい。


    -目標の選手は。

     広島の前田智徳選手。

     野球に対するひたむきさをはじめ、

     あこがれる左打者の一人なので、

     ビデオを見てバッティングを研究しています。


    -獲ってみたいタイトルは。

     首位打者。


    -プロで対戦してみたい投手は。

     オリックスの金子千尋投手や巨人の菅野智之投手など、

     好投手と対戦して結果を残したい。

   
_DSC9011.JPG


    -この喜びを誰に伝えたいですか。

     小さいころから女手一つで育ててくれて、

     一番近くで応援してくれた母親と姉弟に感謝したい。

     そして、これから恩返ししていきたいです。


    -中部学院大学から現役のプロ選手は初めてとなりますが。

     大学の名前も背負っているので、

     一つ一つのプレーを大切にしていきたい。


    -在学中の抱負は。

     11月には明治神宮大会をかけた3王座決定戦が控えており、

     負けたら終わりという試合がいよいよ始まります。

     いまの1年生にも神宮大会を体験してもらいたいので、

     気持ちを切り替えて試合に集中したいと思います。

   _DSC9050.JPG

 
[サークル・部活・クラブ]