2017.09.11
陸上の全日本インカレ 女子1万m競歩で五藤選手が大会4連覇の快挙

    陸上競技の日本学生対校選手権

    (インカレ、天皇賜盃日本学生対校選手権大会)が9月10日、

    福井市の福井県営陸上競技場で開かれ、

    女子10000m競歩に出場した五藤怜奈選手

    (人間福祉学部4年、済美高校出身)が、

    45分49秒80のタイムで大会4連覇を達成しました!

   _DSC6618.JPG
   



    五藤選手は、序盤は先頭集団にいました。

   _DSC6510.JPG

    9週目をあたりから先頭に立ち、

    徐々に後続の選手を引き離していきました。

   _DSC6546.JPG


    五藤選手は

    「この半年間、調子が悪かったのですが、

     そんな中でも練習に励んできました。

     4連覇できるか心配な状況でしたが、

     スタート地点に立てただけで幸せでした」と話し、

    「670回以上、坂登りの練習をしてきたので、

     歩きには余裕がありました。

     スタート前から歩ける自信があり、

     後半、タイムを上げることができました。

     最後のインカレなので

     楽しんで笑顔で終われるように歩こうと思っていました。

     いまは4連覇できて本当にうれしいしいです」

    と振り返っていました。

   _DSC6630_2.JPG_DSC6634.JPG

 
    今後については、

    「来月の国体、2月の日本選手権で良い結果が出せるように、

     練習に励みたいと思います。

     この半年、両親の支えがあり、苦しい練習に耐えられました。

     両親には心から感謝しています」

    と話していました。


    五藤選手の次のレースは

    来月愛媛県で行われる国体になる予定です!


 
[サークル・部活・クラブ]