2020.06.15
コキア通り
  新型コロナウイルス感染症の影響で、みなさんの学内立ち入りが禁止となって

  いた間に、各務原キャンパス南側にはコキア通りがお目見えしました。

IMG_8175 - s.JPG

  コキアは、ユーラシア大陸に広く分布する植物で、日本へはアジアから

  中国を経由して渡来しました。

  1000年以上前から栽培されており、特に江戸時代には広く栽培され、

  枯れ枝をホウキの材料に、若い枝や果実は食用として使用されたとのことです。

  鑑賞期は6月~11月。10月~11月は紅葉により、真っ赤に色づきます。

  また、夏~初秋には1~2mm程度の小さな花が咲くとのことですから

  楽しみに注意深く見ていきたいと思います。

  みなさんも是非、コキア通りを歩いて、癒しのひと時をお過ごしください。

 
[職員おすすめ情報]