2016.12.07
各務原キャンパス「クリスマス会」のお知らせ

    各務原キャンパス事務室には、

    毎年「クリッペ」と呼ばれる

    キリスト聖誕の模型が飾られています。

   blog161207 (2).JPG
 



    「ここに飾られているのは誰で、何を意味しているのか?」

    そんな学生の質問に、

    事務室では「クリッペの由来・説明」を

    iPadで詳しく見られるようになっています。

    クリッペは、聖書の一場面を伝え、信仰心を育てる

    クリスマスでは一番大切な飾りなのです。
         
   blog161207 (4).JPG


    キリスト教では、クリスマスの4週間前になると、

    クリスマスを待つ準備の期間に入ります。

    常緑樹を飾り、日曜日ごとにろうそくに一本ずつ火をともします。

    クリスマスには4本のろうそくの火がそろいます。


    そんなクリスマスムードが高まるなか、

    学生会が中心となり、

    事務室前に「クリスマスツリー」を飾りました。

   blog161207 (3).JPG

    クリスマスソングを聴きながら

    楽しそうに飾り付けをしている学生たちを、

    「サンタクロース」と「トナカイ」も眺めていました。

   blog161207 (1).jpg

    さて、12月14日(水)は、

    各務原キャンパスのクリスマス会を行います。

    毎年キャンパスでは、

    近隣の方と一緒にクリスマスをお祝いしています。

    17:30~18:15  グローリアホールにて礼拝

    18:20~19:30  学生ホールにて祝会 を行います

    ダンスやビンゴゲームもあり、

    たくさんの景品も準備していますので、

    学生とともに楽しいクリスマスをお楽しみください。

    ぜひお時間のある方はお越しくださいね♪

 
[職員おすすめ情報]