2014.08.29
蔵書点検を行いました

    ごきげんよう!

    日ごとに秋の気配を感じますが、夏の疲れなど出ていませんか。

    さて、今日は関キャンパス図書館での蔵書点検の様子をレポートします。

   2014829f.JPG 




    「蔵書点検」ってどんなことをするんだろう?って思われてますね?
 
    はい!!簡単にご説明しましょう!


    図書館に蔵書している図書が

    あるべき場所に収まっているかを
確認し、

    行方不明のものがないか点検する作業をいいます。

   2014829d.JPG

    ①まず、書架の整理をして、作業をしやすくします。

    (試験後で、所定の位置に所蔵していない本もあるので、キレイにします。)

    2014829e.JPGのサムネール画像 

    ②本に貼ってある、図書館のバーコードをハンディターミナルという機器で

     1冊ずつスキャンして、読み込んでいきます。

   2014829a.JPG 2014829b.JPG

    今回は、1~3階の図書の約14万冊を図書館職員総出で、

    5日間で読み込み
します。

    2014829j.JPG 2014829i.JPG

    ③行方不明図書を抽出します。

     所在が確認できない図書を見つけだします。

     みなさんが検索し貸出す際、『有るはずなのにない...』

     なんてことがない様、データから行方不明として外し、


    また、今後、所在不明図書の館内捜索を行います。 

    そして、バーコードがめくれかけていたり、故障している本も

    見つけだし、修復作業をします。

    汚れなども、この機会にキレイにします。


    みなさんに、快適に図書を利用していただくためにも

    蔵書点検は、大変な作業ではありますが、大事な作業なのです。

    そんな作業の中、1階書庫洋書のところでこんなカワイイと出逢いました!!

   2014829k.JPG 2014829q.JPG 2014829p.JPG

   2014829o.JPGのサムネール画像  2014829l.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 
     ぜひ、関キャンパス図書館の2階奥の書庫や、

    1階の書庫にも行ってみてください。
 
      わくわくしますよ~

    各務原キャンパス図書館は、春休み期間に蔵書点検を実施する予定です。
 
    1週間、関キャンパスを閉館し、みなさまにご迷惑をおかけいたしました。
 
    また、明日よりご利用いただけます。

 

 
[中部学院の活動]