2017.08.03
教育学部「実習激励会(社会福祉実習)」を行いました

教育学部「保育発達支援コース」では

社会福祉士受験資格が取得できます。

社会福祉士の科目を入学時から勉強し、

現場実習に必要な知識や専門性を身につけた学生21名が、

8月11日より社会福祉実習(180時間以上)を行います

実習目前の今日、これから実習に行く学生にむけて

「激励会」が開催されました。

 


まず、宮本学部長より

「一人一人に必要な支援(スペシャルニーズ)を

理解し学んできてほしい。

21日間の実習はエネルギーもたくさんいると思うが

最後まで頑張ってほしい」と激励の言葉がありました

   P1150942.JPG    


続いて、21名の学生が実習にむけての抱負を語りました

・地域との連携を学び、

     以前行った施設実習(保育士)との比較もしたい

・さまざまな職種の方と話をして、

    自分の将来に向けてしっかり学びたい

・病院での実習は貴重で、医師や看護士との連携プレーや、

   発達障害の保護者の視点で学んできたい

・笑顔で乗り切りたい

など、自分の夢に向かって話す学生たちは、

とても頼もしく感じられました

  P1150954.JPG      P1150947.JPG     P1150960.JPG


最後に教育学部の先生より

「一日一日の積み重ねが大切であり、

   失敗もあるかもしれないが恐れず、自分で抱えずに

 力をつけて帰ってきてほしい」

「たまには空を見上げてリフレッシュしよう」と

あたたかいエールが送られました

    P1150967.JPG


学生たちを指導してきた平野先生、田部先生からは

「準備は100%できている。

自信を持っていい緊張感をもって行ってきてほしい」と

力強い言葉がありました。

皆さん、夏の暑さに負けずに体調管理に気をつけて

いってらっしゃい! 

 

 

 



 
[中部学院の活動]