2016.12.13
子ども学科3年生が「青少年のための科学の祭典」に参加

12月10日(土)11日(日)に岐阜市科学館で
「青少年のための科学の祭典2016」が行われました。

この催しは、児童・生徒に身近な科学や理科実験などに
興味・関心をもってもらおうと全国的に開催されているものです。

他大学の学生や、NPO法人サイエンスものづくり塾エジソンの会などに交じり
本学からも子ども学科3年山崎ぜミの学生8名が参加しブースを出店しました。

<ブースの一部紹介>

  • 遠くへ飛ばそう飛行リング
  • 人工イクラで遊ぼう
  • ストロー竹とんぼ
  • ビー玉で逆さごま
  • らせんの不思議 トロフルックス
  • よくとぶかみひこうき
  • 水の上を歩ける? -君も忍者に-
  • スライムをつくろう
  • ハンドメイドストラップ☆
  • ビー玉宝石
  • 小箱の不思議な世界
  • ちょっとかわった万華鏡
CIMG0970.JPG  CIMG0974.JPG

CIMG0976.JPG  CIMG0984.JPG

CIMG0997.JPG  CIMG0998.JPG

子どもの頃に受けた感動や体験したことは,原風景となって、
その後の生涯に大きな影響を及ぼすといわれていますが、
科学実験の面白さや,身のまわりの自然の不思議や、
夢中になって追求する楽しさ,ものをつくることによって得られる発見など
参加した子どもたちとともに、学生たちもいろんな体験ができたのではないでしょうか。

将来、教員を志望し日々切磋琢磨して学んでいますが、こうした貴重な機会をとおしてさらに成長をしています。

 
[中部学院の活動]